経過している年数を知る

自分が所有しているビルがあれば、何年前に建設されたのか調べてください。
それから何年経過しているのか測ることで、耐久年数を出せます。
使われている素材によっても耐久年数が変わるので、それも把握しておきましょう。
鉄筋コンクリートで作られているビルは、50年が耐久年数だと言われています。
レンガや石、ブロックで作られている場合は鉄筋コンクリートよりも耐久年数が短くなり、41年になります。
骨格材の厚さが4ミリを超えているビルは、38年なので経過年数を確認しましょう。

なぜ耐久年数を把握しなければいけないのかというと、長い年月が経過すると、建物が壊れたり崩れたりするトラブルが起こるからです。
耐久年数に近づくにつれて、大きなトラブルが起こったり頻度が増えたりします。
その時にリフォームをすれば、耐久年数を超えても建物を安全に使用できます。
耐久年数が近づいてきたら、不審な点がないか確認することを忘れないでください。

建物が壊れるなどのトラブルが起こっていた場合は、すぐ業者に連絡しましょう。
早めに連絡することで、すばやく工事を終わらせてくれますし費用も削減できるメリットが生まれます。
これからもずっと、ビルを使っていきたいと考えている人が多いでしょう。
それなら耐久年数に合わせてリフォームを行い、しっかり手入れすることが欠かせません。
少しでも不審な部分があったら、念のために業者に連絡して詳しくチェックしてもらいましょう。

TOPへ戻る