耐久年数が近づいた時

必ず老朽化するもの

見た目は丈夫に見えるビルでも、内部は老朽化しています。
その頃になると、壁が壊れたり床が崩れたりするので安全に使用できないでしょう。
そのままでは誰かがケガをする恐れがあるので、リフォームが必要です。
リフォームすると、耐久年数を超えてもビルを使用し続けることができます。

中古で購入したビルでも、書類に建設された年数が記載されています。
書類がなかったり、不動産会社に尋ねても何年前に経てられたのか教えてくれなかったりする場合は怪しい建物だと思って購入しないでください。
中古のビルは安く買える面がメリットですが、耐久年数が近づいている際は購入して、すぐリフォームをしなければならないかもしれません。
すると、出費が増えてしまいます。

定期的に点検しよう

事前に年数を計算して、あと何年ぐらいで耐久年数を迎えるのか把握してください。
その頃になったら、ビルをこまめに点検しましょう。
すると仮に不具合が起こっていても、すばやく対処できるので被害が大きくなることはありません。
自分でビルを管理できない場合は、代わりに点検などの管理を行ってくれる業者も存在するので利用することをおすすめします。
特に大きなビルになると、点検する箇所がたくさんあります。

時間や体力のない人は、管理が難しくなってしまうでしょう。
費用が発生しますが、業者に任せた方が楽に管理できるのでおすすめです。
業者とは長い付き合いをするので、あとどのくらいの年数で耐久年数を迎えるのか伝えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る